マクドナルド、海外で人気の「ビックマックジュニア」期間限定で日本初上陸

2019年4月12日 08:50

小

中

大

印刷

(画像:日本マクドナルド発表資料より)

(画像:日本マクドナルド発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 海外のマクドナルドで人気のメニュー、「ビックマックジュニア」が期間限定で日本に初上陸する。その他、以前に登場した「グランドビックマック」と「ギガビックマック」も再登場。グランドビックマックは期間限定、ギガビックマックは数量限定となっている。

■ビックマック

 1968年にアメリカで登場した(※マクドナルドの日本初出店は1971年)、伝統の看板メニュー。秘伝のビックマックソース、特製のごま付きバンズなど、7つの具材の味わいとボリュームが魅力。こちらはレギュラーメニューとなっており、価格は単品税込(以下同)390円、バリューセットが690円である。

■ビックマックジュニア

 海外のマクドナルドで好評を得ている、ジュニアサイズのビックマックである。パティが2枚で真ん中のバンズがない、普通のサンドイッチ形式のハンバーガーであるが、具材とソースはビックマックと同じになっている。単品価格290円、バリューセット590円。4月17日から5月中旬までの販売を予定している。

■グランドビックマック

 こちらは日本で以前に登場したメニューのリバイバル。ビックマックの30%増しのビーフパティを用いたグランドサイズのビックマックである。満足感などすべてにおいてグランド級。単品価格490円、バリューセット790円、4月17日から5月中旬までの販売を予定している。

■ギガビックマック

 こちらも日本で以前に登場したものが、2年ぶりに再登場という形。グランドビックマックをさらにパティ2倍にし、合計4枚のパティが用いられたギガサイズである。満足感と達成感をお求めの方に是非、とのことだ。単品価格で700円、バリューセットは1,000円。各店舗で売り切れ次第の販売終了となる、数量限定メニュー。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードマクドナルドアメリカハンバーガー

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース