電力線通信のPLC、家庭内機器組込みに向け実証実験

2019年4月10日 08:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 パナソニックが高速電力線通信技術「HD-PLC」の家庭内機器組込みに向けた実証実験を開始している(パナソニックの発表)。

 機器内にHD-PLCを組み込むことで、コンセントに挿すだけでネットワーク接続が可能になる。実証実験では冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、エアコンといった家電機器、テーブルタップなどの配線器具、照明機器などを対象にセキュリティを確保した上でのネットワーク接続性や家電機器への影響度などを調査するとのこと。

 スラドのコメントを読む | ネットワーク

 関連ストーリー:
1Gbpsの通信速度で広い範囲に通信環境を提供できる電力線通信(PLC)技術、パナソニックが提供開始 2016年10月04日
パナソニック等が提案したPLC技術がIEEE 1901標準として正式承認される 2010年10月29日
400Mビット/秒のPLC開発中、デモを披露 2008年10月05日
UPA規格を採用した初のPLCアダプタが登場 2007年05月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードパナソニックセキュリティ

広告