ライフ RSS

 

インフルエンザ治療薬ゾフルーザの耐性ウイルス、30人中22人で検出

2019年4月2日 08:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に対する耐性ウイルスが登場していることが以前話題になったが、ゾフルーザを投与されたA香港型インフルエンザ患者30人のうち22人から耐性ウイルスが検出されたという(NHK)。また、ゾフルーザを服用していない人からも耐性ウイルスが検出されているそうだ(日経新聞ハザードラボ)。

 ゾフルーザの耐性ウイルス問題については治験段階でも指摘されていた。また、耐性ウイルスは増殖能力が低下するともされていたが、増殖能力が低下していないことも確認されたという。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
松本市の病院でインフルエンザの集団感染が発生、ワクチンを接種していた病院職員も発症 2019年02月01日
「風邪防止に効果的」という食材を使った「インフルエンザ対策ら~麺」 2019年01月31日
インフル新薬「ゾフルーザ」で耐性ウイルス検出 2019年01月28日
インフルエンザ・パンデミックから100年、再びパンデミックが起こる可能性は? 2018年10月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース