ディガウェル、2019-20年秋冬コレクション発表

2019年3月21日 21:55

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ディガウェル(DIGAWEL)は、2019-20年秋冬コレクションを発表した。

■ひねりを効かせたウエスタンテイスト

 今季のディガウェルが着目したのは、ウエスタンテイスト。シャツには装飾的なヨークの切り替えが施され、ジャケットにはフリンジがあしらわれている。ドロップショルダーのグレーのシャツには、幾何学的なウエスタンヨークがあしらわれ、ポケットのフラップもユニークな形に。袖に向かって分量感をもたせることで、ゆったりとした印象に仕上げている。ウエスタンテイストをそのまま引用するのではなく、ひねりを効かせたデザインからは、今の時代に即した抜け感が感じられる。

■Leeやポーターとコラボ

 Lee(リー)とコラボレーションしたオーバーオールやデニムコートは、表情豊かなペイントデニムを使った、無骨な仕上がりが印象的だ。コートの上からベルトのようにして巻き付けているのは、ポーター(PORTER)とのコラボレーションポーチ。硬質なバックルや、ベルト部分の大胆なデザインが、ウエスタンテイストと共に、ワークの雰囲気を強めている。

 デニムパンツは、前から見ると2枚を重ねているかのようなデザインが特徴。バックにはベルトを何本もあしらい、構築的に仕上げている。

■アウターはオーバー&コンパクトに

 アウターは、オーバーシルエットとコンパクトなフォルムに二分された。緩やかなドレープを描くケープのようなボリューム感のカーディガンは、シンプルなスタイリングにリラックスした雰囲気をもたらす一方、コンパクトなブルゾンは、全体のシルエットにメリハリを与える。ネイビーのロングコートの上から重ねたジャケットは、フォルムに加え、模様の立体感も相まってアイキャッチなアクセントに。

 ウエスタンテイストの他にも、プレッピーなクリケットニットや、ギザギザのラインを赤青で描いたポップなプルオーバー、和服のように前を重ね合わせるブラウスなど、多彩な要素が見て取れる。共通しているのは、いずれのピースも穏やかでミニマルな空気感を保っていること。着る人や風景にすっと馴染んでいくように、自然体なデザインが全てのウェアになされている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションディガウェル(DIGAWEL)