ISPのブロッキングは違法と訴えた裁判、違法性は判断されず請求棄却に

2019年3月18日 21:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年、NTTグループの海賊版サイトへの接続遮断(ブロッキング)に対し訴訟の動きがあったが、その後実際にNTTコミュニケーションズのインターネット接続サービスを利用しているユーザーがブロッキングは違法だとして裁判を起こしている(弁護士ドットコムNEWS)。これに対し3月14日、原告の請求を棄却された(続報)。

 伊藤雅浩弁護士の解説によると、NTTコミュニケーションズ側は「ブロッキングを行う予定はない」としていたことや、ブロッキング対象の海賊版配信サイトがすでに閉鎖されている、もしくはアクセス数が激減しているとして今後ブロッキングを行う蓋然性が高いとはいえず、ブロッキングの差止の必要性はないとして却下となったようだ。また、裁判ではブロッキングの違法性については判断されなかった。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | 日本 | 法廷 | インターネット

 関連ストーリー:
Webサイトブロッキングに反対するスウェーデンのISP、Webサイトブロッキングで当局の調査対象に 2018年12月31日
ブロッキングの検討会、中間とりまとめができず延長へ 2018年09月24日
NTTグループの海賊版サイトへの接続遮断(ブロッキング)に対し訴訟の動き 2018年04月26日
NTTグループ4社、海賊版サイトのブロッキングを実施すると発表 2018年04月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNTTコミュニケーションズ海賊版裁判