ボックス圏相場で動く原油価格、今後は? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2019年3月18日 17:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:42JST ボックス圏相場で動く原油価格、今後は? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。今日は松永総研の週間レポートの中から「原油市場の総括」という原油市場についてのレポートをご紹介します。

レポートではまず足元の値動きについて、『13日のNY原油が58ドル台まで上昇し、1カ月前から続く55~57円付近でのボックス圏相場から少し上放れとなってきました。しか し、ブレント原油は、1カ月前からのボックス圏増場を続けております』と分析。

続けて、『NY原油とブレント原油の1バレルあたりの価格差が10ドル付近まで拡大したことにより、割安市場のNY原油が買われた』と考察しています。また、『東京ドバイ原油はNY原油ではなくブレント原油に追随する傾向が 強いことから、いまだにボックス圏相場を続けています』との見解を伝えています。

原油の需給に関しては、『昨日発表されたOPEC月報では、2019年の世界の原油需給は、10~12月期から供給不足に転じる見通しを発表しており』ますが、『現在の世界の原油需給は、「供給過剰」となっております。そして、ブレント原油とNY原油との価格差拡大を受けて、米国の原油輸入が減少し、原油輸出が増加しております』とのことで、『それにより原油のネット輸入が減少することで、米原油在庫が減少発表となりました』と紐解いています。

そして、今後の動きについて『原油価格の米国株に対する追随性が伺えます。そしてブレント原油が1カ月前からボックス圏相場を続けているだけに、しばらくは「保合い放れ待ち」といったところでしょうか』と考察しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の3月15日付「週間レポート」にまとめられています。週間レポートは会員限定となっており、メール情報会員となれば読むことができます。ご興味があればご登録ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子《HH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース