PALTEKがRistとFPGAを活用したAIソリューションでの協業を開始

2019年3月15日 09:04

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■推論だけでなく学習を含めたAI導入実現への支援が可能に

 PALTEK<7587>(東2)は、ディープラーニングや機械学習を用いた画像システムの開発、データ解析を手がけ、特に製造業における目視検査の自動化を得意とするRist(東京都目黒区)と、FPGAを活用したAIソリューションでの協業を開始する。

 Ristは、ディープラーニングや機械学習を活用した画像・動画処理システムの開発を行っている。2017年6月にディープラーニングを用いた目視・画像検査自動化サービス「Deep Inspection」を開始しており、製造業を中心とした多様な製品・対象群に向け、機械学習を活用した検査技術を開発するとともに、導入ノウハウの拡充に取り組み、既に複数の検査現場での導入実績を有している。また、医療分野においても、各種大学・病院と連携し医療画像に基づく疾患診断支援システムの構築・提供を行っている。

 現在、PALTEKはFPGAなどを活用したAIソリューションを強化しており、パートナー企業との連携を推進し、エッジAI向けのモジュールやFPGA向けのAI開発環境の提供を行っている。

 同社は、Ristとザイリンクス社のFPGAやハードウェア プログラマブルSoCを活用したAIソリューションで協業することで、エッジAIソリューションの強化を図るとともに、推論だけでなく学習を含めたAI導入実現の支援が可能となるとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング