Chrome、煩わしいタイプの広告をすべての国でブロックへ

2019年3月12日 23:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Google Chromeでは昨年より広告ブロック機能が導入されている。この機能は一部の国・地域のみで有効になっていたが、3月7日、この機能を7月9日より全世界で有効にすることが発表された(Google Developersブログ)。

 ブロックされるのは「The Better Ads Standards」という業界標準規約に違反する広告で、ポップアップ広告や音付きで自動再生される動画広告、カウントダウン終了まで前面に表示され続ける広告、スクロールに追従して表示される広告でサイズの大きいものなどが対象。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Chrome | 広告 | IT

 関連ストーリー:
Chrome拡張のマニフェスト変更で広告ブロック拡張機能の動作が制限される可能性 2019年01月26日
Google Chrome、不快な広告の非表示化を7月9日から全世界に拡大 2019年01月13日
Google Chromeの「迷惑な広告」フィルタが2月15日より有効に。日本はまだ対象外 2018年02月21日
Google、来年2月からChromeで「適切でない広告」をブロックへ 2017年12月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleChrome広告ブロック

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース