ボルボ、2020年以降発売する全車の最高速度を180km/hに制限

2019年3月9日 12:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Volvo Carsは4日、2020年以降発売する全車について最高速度を180km/hに制限する計画を発表した(日本版プレスリリース米国版プレスリリースMashableSlashGear)。

 同社は2020年までに新しいボルボ車の事故による死亡や深刻な負傷をなくすという野心的な計画「Vision 2020」を打ち出している。しかし、これを実現するのにテクノロジーだけでは不十分であり、スピードの出し過ぎや、アルコール・薬物の影響、注意散漫というドライバーが関わる3つの問題を解決する必要があることを研究で確認したという。

 スピードの出し過ぎの問題については最高速度の制限とは別に、ジオフェンシング技術を用いた学校や病院の周辺での自動的な速度制限の可能性についても研究しているそうだ。アルコール・薬物の影響や注意散漫の問題については、20日にスウェーデンで開催するイベントで提案を行うとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | アップグレード | セキュリティ | 交通

 関連ストーリー:
オーストリア、電気自動車のみ高速道路の制限速度を引き上げる方針を導入へ 2018年11月27日
ハイパーループ・ワン、時速1000キロで荷物を輸送するシステムの構想をドバイで発表 2018年05月10日
新東名高速道の新静岡IC−森掛川IC間、最高時速を110kmに引き上げ 2017年10月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードボルボ

広告