24時間におわない靴下「SUPER SOX」 耐久性アップしてリニューアル

2019年3月7日 12:28

小

中

大

印刷

(画像: 岡本発表資料より)

(画像: 岡本発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 岡本(大阪市西区)は、「24時間におわない靴下」としてヒットした「SUPER SOX(スーパーソックス)」について、耐久性をアップしたリニューアル版を3月より販売開始した。

 「SUPER SOX(スーパーソックス)」は累計1,100万足を売り上げた同社の主力商品。同社が独自開発したウール糸「BREATHE FIBER(ブリーズ ファイバー)」を原料にし、吸湿性・放湿性と消臭効果に優れた商品となっている。2004年に発売されたが、社長をはじめ開発スタッフが5日間履き続けてもにおわないことから販売にこぎつけたという。毛玉や色あせが少なく、洗濯を繰り返しても抗菌・消臭機能を失わない点もセールスポイントになっていた。

 今回のリニューアルでは、課題であった耐久性について強化を図った。従来品は、つま先やかかとの部分の耐久性が劣ることが課題の一つだったが、この部分について糸の中央部にポリエステルを配置することで強化に成功。従来の機能性や消臭機能を損なうことなく、耐久性を向上させている。

 弱点を克服するだけでなく、長所を伸ばすことにも成功。裏糸(靴下のフィット性を高めるために肌側に沿わせて編む伸縮糸)に吸水効果を持たせることで足汗のヌルつきを解消し、「ムレない」体感をさらに向上させた。 またこの裏糸をより伸縮力の高い素材に変更し、フィット性の向上も図った。裏糸は、靴下の編機機種と形態によってバランスを考えて太さを調整。足首とかかと部の間のくびれ部分をフィットさせるため、かかとの編み設計を工夫した。

 昨年9月に行ったプロダクト調査では、消臭力について「とても良い」と回答した割合が49.5%、「良い」と回答した割合が34.7%となり8割以上が満足であるとの結果となったという。「ムレ」の満足度についても同様に高い評価となっており、リニューアル商品により、更に顧客満足度の向上を目指す。

 年度末前後のこの時期では歓送迎会などで靴を脱いで席に着く機会も多いだろう。そんな時に仕事終わりの足の臭いが気になる人も多いかもしれない。そうした時に備えて「SUPER SOX」のような消臭機能が強い靴下があれば安心して靴を脱げる。耐久性も備えれば、いちいち買い替える必要も減る。

 「SUPER SOX」は全国の量販店の他、岡本公式通販サイトでも販売している。(記事:藤原大佑 ・記事一覧を見る

広告

写真で見るニュース

  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース