早くも2期を待望する声も!「トクサツガガガ」が湧き上がらせた「好き」という肯定力

2019年3月6日 18:38

小

中

大

印刷

■最終回「トクサツガガガ」が大反響を呼ぶ!

 3月1日に最終回を迎えたNHKの連続ドラマ「トクサツガガガ」。前話のラストでは主人公の叶と母親が溜め込んでいた思いがぶつかり合い、ついに叶が親に手を挙げてしまう事態に発展した。今までの流れと違ったシリアスな場面ながらも多くの反響を呼び、最終回への期待は非常に大きかった。

【前回は】母親との決別に多くの共感を呼ぶ!「トクサツガガガ」第6話レビュー

 多くの期待を受けて放送された最終回だが、放送後にはSNSを中心に早くも2期制作を望むほどの反響を呼んだ。放送翌日になってもTwitterのトレンドにも入り続けていたほどで、特撮オタクだけでなく多くの人の心に眠っていた「好き」を呼び起こした作品だったといえる。

■自分の趣味を否定されて落ち込む叶

 仲村叶(小芝風花)がいつまでも特撮好きであることがお母ちゃん(松下由樹)にばれ、ついに喧嘩してしまった2人。そのことを同僚の北代さん(木南晴夏)に話していると、友人と思っていた吉田さん(倉科カナ)に彼氏がいたことを隠されていたことも思い出してしまう。正月早々色々なことが起こり、普段はしないようなミスをしてしまうほど「らしくない自分」になっていた。

 叶がお母ちゃんと対立しているとき、ダミアン(寺田心)も同じく自分の親から特撮を卒業するように言われていた。そこでダミアンは、叶に親を説得してほしいと頼むが、自分のことで一杯の叶は断ってしまう。いつもなら相談に乗ってくれる叶の態度に、ダミアンまでへそを曲げしまった。

 何も上手くいかないとふさぎこんでいる中、ライブのついでと言いながら兄の望(渡部郷太)が叶の部屋にやってくる。彼はお母ちゃんと叶のことを心配しつつ、彼女が好きだった「エマ―ジェイソン」のVHSを手渡した。その特撮は叶がリアルタイムで見ていたもので、思い入れも強い作品だった。

■誤解が解けて一件落着?

 ある日、叶は突然北代さんにカフェに呼び出される。そこに向かうと吉田さんも同席しており、気まずい空気が一瞬流れる。しかし吉田さんは、自分の彼氏が次のクールで放送される特撮に出演する俳優に似ていると突然言い出す。

 叶が呆気にとられる中、吉田さんは自分が映画館で2人の前から逃げた理由を告げる。その理由は2人とは関係のないもので、単なる誤解だったことがわかる。さらに吉田さんは、2人のことをすでに「友達」だと思っていると恥ずかしそうに告げ、それに叶と北代さんも笑顔を返す。

 仲直りした2人はさっそく特撮の話をはじめるが、叶は吉田さんにビデオデッキを持っていないことを告げる。すると吉田さんは、後日余っているビデオデッキを叶の元へわざわざ届けた。せっかく手に入れたビデオデッキに「エマージェイソン」のテープを入れると、そのビデオを最後に見た思い出がよみがえり始めた。

■自分の「好き」は無くならないし奪われない

 ビデオを見始めると共に、叶はそのビデオを高校卒業式のとき、たまたま通りかかったビデオ店で購入したことを思い出す。そして、こっそり見るため誰もいない高校の部室で見始めた。

 ビデオには「エマージェイソン」の最終回が収録されており、高校の卒業式にそれを見た自分は「好きなものは心から無くなっていない」ことに気付いた。それは、社会人になった今も変わらないことを、再び「エマ―ジェイソン」の最終回で気付かされるのだったー。

 人が持つ「好き」の強さをこれでもかと表現した第7話。誰しもが強く心惹かれたものがあると思うが、その思いは今ないだけで心のどこかに眠っているという演出に、多くの人の共感を呼んだ。また叶が、自分の好きなものを確認するシーンは高校時代と現代をクロスオーバーさせることで、より印象的なシーンとなっていた。

 自分の好きな気持ちを再確認した叶は、同時にお母ちゃんにも好きなものがあり、自分の好きを貫く際にそれを否定していたことにも気付く。そして少しずつだが、2人が歩み寄ることを予感させるシーンでドラマは幕を閉じることとなった。

 個人的にはラストに歩み寄るシーンはもっと掘り下げてほしかったが、変に批判めいた内容でなく、あくまでコメディとして終わったのはドラマとして成功だったように感じる。誰にも「好き」があり、それをお互いに適度な距離を確かめつつ肯定していくことの重要性を表現したドラマは、これまでなかったのではないだろうか。

 特撮シーンの作り込みから現代に広がりつつある新しい価値観の表現、そしてそれをドラマとして見事に表現したトクサツガガガ。本作品は決して視聴率では計り知れない魅力を持っており、シーズン2の製作にも期待したいところだ。(記事:藤田竜一・記事一覧を見る

関連キーワードNHK木南晴夏寺田心倉科カナトクサツガガガ小芝風花

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース