カゴメ、手のひら数十秒乗せると野菜摂取量の充足度推定する測定器を開発

2019年3月5日 22:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 カゴメが皮膚のカロテノイドレベルなどを光学的に測定することで「野菜摂取量の充足度」を推定できる測定器を開発した(カゴメの発表PDF)。

 センサーに手のひらを乗せて数十秒で測定できるというのが特徴で、企業や自治体への販売・レンタルや、この測定器を使った関連サービスを展開する予定だという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
月経周期から妊娠しやすさを予測するアプリ、米食品医薬品局から避妊ツールとして有用とのお墨付き 2018年08月24日
Subwayのサンドイッチの長さをめぐるクラスアクション訴訟に対し弁護士が儲けるだけとの批判 2016年09月14日
「ベジタリアンの食事は環境には有害」という研究結果が発表される 2015年12月21日
吉野家、牛丼を毎日1回、3カ月食べ続けても健康リスクは増えないとする研究結果を公表 2015年12月11日
2次元と3次元のどちらにときめくかを計測するセンサが公開される 2015年10月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードカゴメ

関連記事

広告