なでしこジャパン、ブラジルに勝利 女子サッカー米国遠征

2019年3月3日 12:03

小

中

大

印刷

 2日(現地時間)、アメリカ・ナッシュビルで開催されている女子サッカーのシービリーブス杯第2戦でなでしこジャパンはブラジルと対戦し、3-1で勝利した。終始劣勢でありながら終盤の連続ゴールにより大会初勝利を挙げた日本は、5日(現地時間)にイングランドと対戦する。

 試合は序盤から個人の能力が高いブラジルの攻撃を日本が素早い寄せでシュートを防ぎながら守り、ミドルシュートで対抗する展開となる。前半44分、日本は相手ミスからドリブルでゴール前に切り込んだ中島依美からのパスを右サイドで受けた籾木結花による、GKの頭上を越えるループシュートで先制する。

 しかし後半もブラジルの攻勢は続き、自陣ゴール前でプレスを掛けられ続ける。すると後半12分、ブラジルはこぼれ球をデビーニャがPA手前から豪快にゴールに沈めて同点に追いつく。その後もブラジルが優勢に試合を進めるが、粘り強く逆転弾は許さない。

 後半36分、日本はカウンターからパスを繋ぎ右サイドの籾木が上げたクロスを走りこんだ小林里歌子がヘッドで合わせて追加点を奪う。さらに後半40分、日本は籾木のPA手前からのスルーパスに反応した長谷川唯がDFをかわし放ったシュートがブラジルを突き放す3点目となった。

関連キーワードアメリカブラジルサッカー