レクサス、世界累計販売1000万台突破 1989年に米国でスタート

2019年2月27日 10:05

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

レクサス車が1989年に米国でスタートし、昨年2018年で累計販売1000万台を超えた。写真は現行の最上級セダン「LS」とスポーツクーペ「LC」

レクサス車が1989年に米国でスタートし、昨年2018年で累計販売1000万台を超えた。写真は現行の最上級セダン「LS」とスポーツクーペ「LC」[写真拡大]

写真の拡大

 レクサス・ブランド車が、全世界での累計販売台数1000万台を達成したと、トヨタが公式に発表した。レクサスは1989年、アメリカで、最上級サルーン「LS」(日本名:セルシオ)とミッドサイズセダン「ES」(日本名:ウィンダム)を発売して、ブランドをスタートさせた。

 米国で初年度、レクサス・ブランド車を約1万6300台販売して、好調なスタートを切った。日本でのブランド発信は、2005年からだった。

 また、LEXUSは高級車市場におけるハイブリッドテクノロジーの先駆者として、2005年にRX400hを発売して以降、ラインアップの拡充を続け、ハイブリッドモデルの累計販売台数は145万台を超えた。

 2018年には量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用した新型ESや、新ジャンルのコンパクトクロスオーバーUXを発売し、グローバルで過去最高の69万8330台を販売。ハイブリッドモデルの年間販売実績はそのうち20%を占めるなど、着実に歩みを重ねている。2018年、レクサスの最大市場は北米で32万3482台、次いで中国の16万1862台。欧州は7万6188台、日本は5万5098台だった。

 トヨタ自動車の社内組織改編が行われ、従来「レクサス本部」と呼んでいたセクションが、社内カンパニーの「レクサス・インターナショナル」に改組、レクサスのヘッドクォーターとして機能するようになった。

 澤良宏レクサス・インターナショナルの代表は、1000万台突破について「レクサスをご愛顧頂いてきた世界中のお客様のおかげで、このマイルストーンに辿り着いたことを大変喜ばしく思います。これからもラグジュアリーライフスタイルブランドとして、創造的な先進技術や、運転の愉しさを備えたより魅力的な商品、独自のブランド活動を通じて“驚きと感動の体験”を提供することを目指してまいります」と述べた。

 今後もレクサスは、先進技術やクルマを操る愉しさを追求したクルマづくりで、より魅力的な商品ラインアップの拡充に努めるとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
レクサス、進化したハイパフォーマンス・クーペ、新型「RC F」、デトロイトで公開
トヨタ、新型スープラ・スーパーGTコンセプトを「東京オートサロン2019」で発表
レクサス、デザインコンシャスな都会派コンパクトクロスオーバー「Lexus UX」発売
世界の自動車を牽引するトヨタ、今期決算予想上方修正。純利益2.3兆円見込む
LEXUS、年内2カ月だけの特別仕様限定車「LC Luster Yellow」を受注開始

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車レクサス(LEXUS)

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース