ブタの体内で人間の膵臓を作製する研究、東大が今年度にも実施へ

2019年2月22日 22:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 東京大学などの研究チームが、人間の膵臓をブタの体内で育てる研究を2019年度にも始めるという(日経新聞)。

 人間のiPS細胞をブタの受精卵に注入してブタの子宮に入れ、胎児まで育てた後に脾臓を取り出すという手法。将来的にほかの臓器での応用も検討しているという。

 海外では研究が進んでいたものの、国内では規制があり研究が進んでいなかった。このため厚生労働省などは動物と人間の細胞が混ざった「動物性集合胚」とよばれる受精卵を動物の子宮に戻して出産する行為について、4月にも解禁する方針を決めたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック

 関連ストーリー:
ヒツジの受精卵に人間のiPS細胞を注入する研究、人間の細胞を持つヒツジの胚が生まれる 2018年02月21日
ラットの体内でマウスのすい臓を作製しマウスに移植することに成功 2017年01月31日
ヒトと動物の「キメラ」研究、米国立衛生研究所が助成を検討 2016年08月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省東京大学

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース