iPhoneの買い換えサイクル、長期化傾向に

2019年2月13日 23:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 かつては2年ほどで携帯電話を買い換えるのが一般的だったが、最近ではiPhoneを4年以上使い続けるユーザーが増えているという(Engadget日本版FORTUNE)。

 アナリストによると、2018年度では平均3年の間隔でiPhoneが買い替えられていたが、2019年度にはこれが平均4年に伸びると予測されるそうだ。これによってiPhoneの販売数が減少するとも見られている。そのため、Appleは小売店に「保証が切れたiPhone」を使用しているユーザーに買い替えを進めるよう指示しているという話も出ている(Engadget日本版の別記事)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | アップル | iPhone

 関連ストーリー:
フランス、バッテリーの劣化したiPhoneのパフォーマンス低下問題について検察が事前調査を開始 2018年01月14日
バッテリー交換料金の値引きでiPhone販売台数が減少する可能性 2018年01月07日
スマートフォンもPCと同様、使える限り買い替えない時代が近づいている? 2015年10月07日
iPadの売り上げ、減少傾向に 2014年04月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhone

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース