鹿児島県奄美大島のマングース、根絶間近に

2019年2月7日 13:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 奄美大島のマングース根絶が間近になっているそうだ(南波日日新聞)。

 マングースは人為的に奄美大島に持ち込まれたもので生態系への影響が指摘されていた。そのため、2000年度よりマングースの駆除作業が勧められ、2017年度末には個体数が50匹以下にまで減少したという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球

 関連ストーリー:
ハワイマイマイの最後の1匹が他界 2019年01月16日
ヒアリは特定のウイルスに感染すると食べ物の嗜好が変わる 2018年10月11日
ドジョウが準絶滅危惧種に指定される。将来は絶滅危惧種になる可能性も 2018年05月25日
80年代に小笠原に侵入した陸生ヒモムシが小笠原の生態系を大きく破壊していたことが明らかに 2017年10月06日
絶滅危惧種ミヤコカナヘビ、人が持ち込んだニホンイタチに食べられる 2017年09月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード鹿児島県

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース