スシロー、老舗まぐろ問屋・八洲水産とコラボの「本気づくしのまぐろ祭」開催

2019年2月7日 21:53

小

中

大

印刷

「本気づくしのまぐろ祭」(写真:あきんどスシローの発表資料より)

「本気づくしのまぐろ祭」(写真:あきんどスシローの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「苺すぎるミルフィーユパフェ」(写真:あきんどスシローの発表資料より)
  • 「大人のガリジンジャー」(写真:あきんどスシローの発表資料より)
  • 「海鮮ひなちらし」(写真:あきんどスシローの発表資料より)

■「本気づくしのまぐろ祭」開催

 あきんどスイシローは8日より、静岡の老舗まぐろ問屋“八洲水産”と約1年ぶりにコラボし、「本気づくしのまぐろ祭」を開催する。期間は3月3日までの限定。今回は選び抜いた天然鮪を使い、ネタの旨味を引き出す江戸前寿司の赤酢を使った赤シャリで、満を持して勝負する(価格はいずれも税別)。

【こちらも】ロッテリア、「春のスイーツ」5品発売 雪見だいふく使ったシェーキなど

■商品概要

 脂ののりが良い最高級本鮪の赤身1貫が楽しめる「天然本鮪赤身(100円)」や、鮪の脂と赤身が絶妙な「天然本鮪中とろ(150円)」、きめ細かく上品な脂の「天然本鮪大とろ(300円)」、「天然とろびん長(100円)」、「天然めばち鮪(2貫100円)」、「極上海藻のとろ手巻き(300円)」や、こだわり抜いた本気のまぐろ5品が一皿に入った「天然鮪づくし(980円)」を提供する。

■“本気”づくしのまぐろ祭

 今年の「本気づくしのまぐろ祭」は、「漁法」「選別」「価格」という3つの“本気”で勝負する。魚を丁寧かつ迅速に処理でき、超低温で鮮度が保てる1本釣りの“延網漁法”でとれた、キメ細やかで甘みと旨味が絶妙の厳選まぐろを、ギリギリの価格で提供する。

■「苺すぎるミルフィーユパフェ」も販売

 また、あきんどスシローは同じく8日より、旬の苺10個とサクサク食感の定番おやつ「源氏パイ」を加えた「苺すぎるミルフィーユパフェ(980円)」を、こちらも昨年に続き販売する。合わせて、昨夏に期間限定でオープンした「スシローCafé部 表参道スイーツテラス」で人気だった、トニックウォーターにスシローオリジナルガリとおろし生姜を合わせたすし屋ならではの「大人のガリジンジャー(150円)」も復活販売する。

■ひな祭を彩る「海鮮ひなちらし」の予約受付中

 その他、ネタの旨さを引き立たせコクと旨みのある「スシローの赤酢」の赤シャリを使った、ひな祭を彩る「海鮮ひなちらし」の予約も受付中。店頭や電話、ネットで受付け、引き渡しは2月25日より3月3日まで。2~3人前(直径約24㎝で2,040円)と1人前(約14㎝角で680円)の2種類を用意し、人気の「まぐろ」や「いくら」、今年は「ボイル本ずわい蟹」を加え味と見た目も鮮やかな商品としている。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードコラボレーションスシロー

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース