AppleのグループFaceTimeに不具合、応答していない着信側の音声などを発信側で受信可能

2019年1月31日 16:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 iPhoneなどで利用できるビデオ通話機能「グループFaceTime」で通話相手が応答しなくてもマイクからの音声を聞いたり、カメラからの映像を見たりできるバグが発見されたそうだ(9to5Macの記事1記事2Mac RumorsAxios)。

 Appleは既にグループFaceTimeのサービスを一時停止しているが、バグの再現方法としては、FaceTimeでビデオ通話の呼び出し中に自分の電話番号をグループに追加するというものだ。これにより、双方の端末で互いの音声が聞こえるようになる。さらに着信側がiPhoneの場合、電源ボタンやボリュームボタンを押すと音声はミュートされるものの、着信側カメラの映像が発信側に表示されるという。発信側が2台の端末を使って着信側カメラの映像を見る方法も発見されている。

 グループFaceTimeの機能はiOS 12.1以降およびmacOS Mojaveで利用できる。Appleはこの問題を修正したアップデートを今週中に提供するとのことだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | MacOSX | バグ | アップル | iOS | IT | プライバシ

 関連ストーリー:
iOSでは大化以降すべての元号が収録されている 2019年01月22日
Instagram、平文パスワードが含まれたURLを生成してしまう不具合 2018年11月21日
運転中にビデオチャットアプリを使用していたドライバーによる交通事故、被害者がAppleを提訴 2017年01月11日
「iPhoneを探す」で実際の所在地とは別の場所が現在位置として表示される問題 2016年01月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleiPhoneMaciOS 12

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース