DeNAは子会社の株式売却が注目されて反発堅調

2019年1月31日 10:42

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■NTTデータに電子商取引の決済事業子会社の保有全株式を63億円で譲渡

 ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>(東1)は1月31日、反発し、朝方に1965円(35円高)まで上げた後も堅調に推移している。30日の取引終了後、50.0%を保有する連結子会社の株式会社ペイジェントの保有全株式を約63億円でエヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)<9613>(東1)に譲渡すると発表。材料視されている。

 発表によると、ペイジェント社はインターネット・携帯電話上での電子商取引に係る収納代行・決済サービス事業を行い、DeNAが50.0%保有するほか、三菱UFJニコス株式会社が50.0%を保有している。2018年3月期の業績は、売上収益が74.61億円、営業利益が5.12億円、純利益は3.55億円。譲渡実行日は2019年3月29日(予定)。

 株式譲渡の完了以降、ペイジェント社はDeNAグループの連結の範囲外になる。業績への影響については現在精査中で、公表すべき事項が生じた場合には速やかに開示するとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース