4K8K放送開始後1ヶ月、世帯普及率は約1%

2019年1月29日 22:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 昨年12月1日に正式に始まった4K8K放送を受信しているのは、同月末時点で全世帯の1%弱だという(朝日新聞AV WAtch)。

 関連機器の出荷台数は、対応テレビが約22.2万台、チューナーが約17.3万台、ケーブルテレビ用受信機器が約5.5万台(電子情報技術産業協会の発表)。対応録画機を含めると全体で約50万台ほどが利用されていると推定されているとのことで、放送サービス高度化推進協会(A-PAB)は「予想した以上に反応が大きかった」としている。

 なお、政府は2020年に総世帯の約50%で視聴可能にするという目標を掲げているらしい。皆様は4K8Kを視聴しているだろうか。4K8Kならではの良い番組はあっただろうか。

 スラドのコメントを読む | テレビ

 関連ストーリー:
4K/8K放送に関するアンケート調査、4K放送をぜひ視聴したいとの回答は12% 2018年11月06日
4K/8K衛星放送、コピープロテクトとしてAACS2の採用が決定 2018年09月05日
4K放送はひとまず録画可能に 2018年03月27日
4K/8K放送で導入されるACASチップ、消費者へのコスト転嫁が批判される 2018年01月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード4K8K

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース