総務省、海外企業にも「通信の秘密」を守らせるよう検討へ

2019年1月22日 22:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 総務省が海外企業に対しても「通信の秘密」の適用を行えるよう検討を行うという(日経新聞時事通信NHK共同通信)。

 規制に従わなければ、当然ブロッキングですよね。

 想定されている対象はGoogleやApple、Facebook、Amazonなどの大手IT企業。国内のIT企業に対しては電子メールの内容閲覧などが「通信の秘密」によって禁じられているが、海外企業が提供するサービスにおいてはこういった規制を行えないため、国内企業からは不満の声が出ていたという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
米連邦通信委員会、テキストメッセージング・サービスは通信サービスに含まれないことを決定 2018年11月26日
Gmail利用者がGoogleはメールの内容を不当に閲覧しているとして訴えた訴訟、Googleの反論 2013年08月16日
「通信の秘密」は軽視されつつあるのか 2013年07月25日
総務省、ヤフーのメールサービスでの広告表示を容認へ 2012年09月20日
Yahoo!メールの「文面に応じた広告」は通信の秘密の侵害? 2012年06月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省FacebookGoogleAppleAmazon

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース