上場企業数最下位の長崎県、上場企業がついに消滅

2019年1月16日 22:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 都道府県別上場企業数で最下位の長崎県から、ついに上場企業が消えるという(読売新聞)。

 東京、札幌、名古屋、福岡の4つの証券取引所に上場している企業数は全国で3760社。これらの企業の本社所在地を都道府県別に見ると、トップは東京都で、続いて大阪府、愛知県、神奈川県、兵庫県と続く。逆に少ない方を見ると、42位が奈良県・鳥取県・宮崎県(4社)、45位が秋田県と島根県(3社)。そして長崎県が47位(最下位)で、長崎県に本社がある上場企業は1社のみだったそうだ。

 しかし、長崎県で唯一の上場企業である十八銀行は今年4月1日付けでふくおかフィナンシャルグループと経営統合することを発表。これによって同社は上場廃止になり、長崎県から上場企業が消えることになるそうだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
長崎新幹線、フリーゲージ見送りが確定へ 2018年06月15日
国、48離島を「有人国境離島」として振興や保全を図る方針へ 2017年03月08日
長崎県五島沖で旧海軍の潜水艦と見られる複数の船影が確認される 2015年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード長崎県

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース