サポート終了のPHP 5系、5.6.40がリリース

2019年1月12日 22:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

PHP開発チームは10日、PHP 5.6.40/7.1.26/7.3.1/7.2.14をリリースした。いずれもセキュリティ修正のためのリリースだが、PHP 5.6.40を除き、セキュリティ以外のバグ修正も含まれる(PHP 5 ChangeLogPHP 7 ChangeLog)。

これについて あるAnonymous Coward 曰く、 新年早々mbstring等のバッファオーバーフローの脆弱性対策が行われたのだが、それが7系のみならず、年末でセキュリティ対策も含めてサポート終了となったはずの5.6にも適用されたようである。EOLとはいえ、さすがにまだ放置できないということだろうか。今後もこうした対応が続くのか気になるところである。

 PHP 5.6.39のアナウンスでも同じことが書かれていたが、PHP 5.6.40はPHP 5.6ブランチのスケジュールされていた最後のリリースとのこと。今後、重大なセキュリティ上の問題が発見されれば追加のリリースが出る可能性もあるが、そうでなければPHP 5.6.40が最後のリリースとなる。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | デベロッパー | PHP

 関連ストーリー:
PHP 7.3 リリース、5.6は間もなくサポート終了 2018年12月08日
PHP 7.1 リリース 2016年12月07日
PHP 7リリース、言語仕様の大幅拡張と当社比2倍の性能アップを実現 2015年12月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性セキュリティPHP

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース