厚労省、毎月勤労統計調査の調査方法や統計処理で不正 15年前から

2019年1月12日 12:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 厚生労働省の「毎月勤労統計調査」で不適切な調査や統計処理が行われていたことが発覚した(共同通信東京新聞SankeiBiz毎日新聞)。

 不適切な行為が行われていたのは2004年からで、本来対象となるはずの事業所のうち一部しか調査を行わず、さらに全数調査に見せかけるような処理を行なっていたという。不正な統計処理を行うためのソフトウェアも作成されていたとのこと。

 この統計調査結果は雇用保険の失業給付や休業補償給付などの金額を決定するのにも使われており、不正処理の結果受け取れる給付金額が少なくなるケースもあるようだ。過小支給は数百億円規模になるとも報じられている。この影響で予算案の組み替えも検討されているようだ(日経新聞共同通信の記事1共同通信の記事2)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 統計 | 政府

 関連ストーリー:
厚生労働省の賃金統計、今年から算出方法を変更したため「賃金伸び率」が実態とかけ離れた値に 2018年10月03日
日銀統計、改訂によって個人投信保有が30兆円ほど減る 2018年08月14日
厚労省の労働時間実態調査で不正データが見つかる、存在しないとされていた原本も見つかる 2018年02月23日
商工中金、「中小企業月次景況観測」のデータ収集の際に調査票を不正に作成していたことが発覚 2017年10月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省毎月勤労統計調査

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース