SEC、2019年度もデジタル資産の審査を最優先に【フィスコ・ビットコインニュース】

2019年1月12日 04:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*04:59JST SEC、2019年度もデジタル資産の審査を最優先に【フィスコ・ビットコインニュース】
 米証券取引委員会(SEC)は2019年度の審査リストの中で最優先課題のひとつとして仮想通貨を挙げた。SECのコンプライアンス検査審査局(OCIE)の声明によると、新生資産に対する個人投資家保護を観点とするという。

OCIEはコインを販売したり、トレーディング、デジタル資産を管理している市場参加者の身元確認や活動を評価していく措置をとる。OCIEはデジタル資産のポートフォリオ管理、コンプライアンス、顧客資産の安全性などを集中的に審査していく。

金融のプロフェッショナルが盗難や不正流用などから顧客の資産を守る適切なセーフガードを維持しているかまた、投資にはリスクが伴うことを投資家に開示しているかどうかに焦点をあてる。

一方で、一部共和党議員は、SECの規制強化が革命に弊害もたらすと非難している。《KY》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
 

広告

ピックアップ 注目ニュース