改正著作権法、録画したTV番組をHDD間で移行可能に 保管・修理目的で

2019年1月9日 22:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 バッファローがテレビやレコーダーにUSBで接続したHDDに録画したTV番組を別のHDDに移行する「録画番組引越しサービス」を提供する。対象製品は故障予測機能「みまもり合図 for AV」に対応する同社製製品で、これによって故障が予測される場合に新品の同等製品にデータを移行するサービスとなる(AV Watchバッファローの発表)。

 このサービスは2019年1月1日に施行された改正著作権法によって保守・修理のための録画データの一時的複製が可能になったことを受けて提供されるとのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テレビ | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
4K放送はひとまず録画可能に 2018年03月27日
NHK BS放送では録画再生時、「速報情報」の字幕を消せるようになっている 2016年08月25日
権利団体「Culture First」、複製機能を持つすべての製品/サービスについて補償金を求める方針へ 2013年11月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権バッファロー

広告