実は若い世代の方が「自己完結力」が高い

2019年1月7日 18:07

小

中

大

印刷

 若い世代の人たちに対して、「わからないことがあっても聞いて来ない」「質問が少ない」と不満を言う年上世代にときどき出会います。そうかと思えば、「何か指示しても、いちいち理由を聞かれて面倒」などと言いますから、質問されてもされなくても文句を言っている訳で、ずいぶん矛盾した感じがします。
 結局は、上の世代が「質問があるべき」と思っていることを聞いて来ず、「あうんの呼吸で理解すべき」と思うことを聞いてくるという、コミュニケーションの基準の違いが問題なのだと思います。

【こちらも】自分で「完結」できない人たち

 これに関連するかもしれないことで、以前目にしたある記事を思い出しました。
 中高年女性の手記だったと思うのですが、ある時20代の知人女性と旅行をして、筆者は道に迷ったりすると、すぐに通りすがりの見知らぬ人に道を聞いてしまうそうで、それが問題解決も早くて当然のことと思っていたそうですが、同行していた女性はそのことをとても不愉快に思って見ていて、その理由は「自分で調べれば解決できることに他人を巻き込んでいる」ということだったそうです。他人の時間を奪って迷惑を顧みない態度に見えて、不快に思っていたそうです。
 今の世の中、確かにスマートフォンがあれば、自分で道を調べて目的地にたどり着くことはできます。

 また別のある時、自宅のトイレの水が止まらなくなってしまい、修理業者を探そうとあたふたする自分を尻目に、確か娘さんだったと思いますが、スマートフォンで修理のしかたを検索して、すぐに直してしまったそうです。
 この筆者は、他人に聞いたり頼ったりすることが悪いとは思わないが、いつも人に頼ることが前提になっているのは、今の時代ではどうなのかと反省したというような話でした。

 私自身のことで言えば、あまり人に頼るのが好きではないので、何でも自分で調べて解決しようとする傾向があります。結果的に回り道になることもたまにはありますが、特に最近はネット上に様々な情報があるので、それで早く安価に解決できることがほとんどです。

 私の周りにも、すぐ他人に道を聞く人が何人かいますが、決まって言うのは「聞いた方が早い」です。
 ただ、私はまったくそう思っておらず、人から教わったことがあやふやだったり間違っていたりすることがありますし、複数の相手に聞いて回ることもないので、教わった情報があっているのか検証することもできません。
 これに対してネットの地図情報であれば、情報自体は正しいので調べ方さえ間違わなければ確実に問題解決ができます。
 このように見れば、決して「聞いた方が早い」とは言えません。

 これを先ほどの「わからないことがあっても聞いて来ない」「質問が少ない」という年上世代の不満に当てはめると、若い世代は私的なことに他人を巻き込むのは失礼だと考えていて、まず自分で調べられることは極力調べようとしています。

 他人に質問して回答をもらっても、それがあっているのか信用できないということもあるかもしれません。あふれる情報の中から、自分に合う物や信用できるものを選び出すことが習慣づいているからです。先ほどの「何か指示しても、いちいち理由を聞かれる」というのは、指示されたことが本当に必要なのか、自分なりに考えたいということではないでしょうか。
 ここからすれば、細かい説明を省いて以心伝心を求めたり、「いいからやれ」「黙ってやれ」といったりする姿勢では、若い世代の行動が鈍るのは間違いないことでしょう。

 年令で一概に言い切るのはよくありませんが、私は実は若い世代の方が、「できるだけ自分で考えよう」「できるだけ自力で解決しよう」という“自己完結力”は高いのではないかと思っています。
 対人コミュニケーションが必ずしも得意でないという傾向はあるかもしれませんが、少なくとも「消極的」や「人任せ」という評価とは違います。

 お互いが自分たちの基準で不満を言い合っても、世代間ギャップやコミュニケーションギャップは、絶対に埋められません。なぜそういう行動になるのか、お互いの考え方のベースを知っておく必要があります。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_mgt

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース