ザ・リラクス、2019年春夏メンズコレクション発表

2019年1月6日 21:27

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ザ・リラクス(THE RERACS)は、2019年春夏メンズコレクションを発表した。

■幹を構築する“細部”とは

 原点に立ち返り、強靭な根=“BASIS”を構築した2018-19年秋冬シーズンを経たザ・リラクス。今シーズンでは、しっかりと根を張った木は進化を遂げ、幹=“TRUNK”を生み出した。新たなエネルギーを循環させながら、枝や葉、実をつけ1つの木へと成長していく過程で追究したのは、「細部」だ。

■計算されたテーラードのシルエット

 「神は細部に宿る」の言葉通り、本質的な部分を担う“TRUNK”は、細部に気を配ってこそ成立する。例えばテーラードジャケットは、細身のフォルムでも、オーバーシルエットであっても、袖を通した時に違和感なく身体に馴染み、凛とした表情を見せる。その仕上がりは、服が生み出される背景で組み立てられた緻密な計算や、縫製の精巧さを感じさせるようだ。

■軽やかなスプリングコート

 トレンチコート、モーターサイクルコート、ポンチョのようなフード付きコートなど、スプリングコートはいずれもミニマルで軽やか。前シーズン、ウール地で登場したモーターサイクルコートには、春夏に向け軽いポリエステルナイロン地を採用。立体的でハリのあるコートに仕上がっている。また、ラグランスリーブのトレンチコートは、ラフにベルトを締めてもそれぞれのパーツが定位置を崩さず、端正さを保っている。袖を通すことで生まれるシワやドレープにも、ストレスがかかっていないことが見て取れる。

■ストレートで立体的なシャツ

 しなやかで光沢のある、トリアセテート100%のオープンネックチェックシャツは、身頃がストレートで立体的な造形を描く。ジャストな丈感のスラックスにサンダルを組み合わせれば、アクティブな印象になり、クルーネックのスウェット、センタープレスのゆったりとしたパンツをコーディネートすると、上品なカジュアルスタイルが出来上がる。均整の取れた襟のハリ感や袖の落ち方も、注目したいポイントだ。

■こだわったディテールは随所に

 また、麻のような質感のトリアセテートで仕立てた軽快なロングコートや、あえて表側に見返しをあしらったクラフト感のあるシャツ、真鍮とシリコンを組み合わせてオリジナルで作ったコードエンドなど、作り込まれたディテールは随所に散りばめられている。数々の“細部”の上に成り立つ、服そのものの上質さと、整然とした造形は、実際に触れた時、もしくは着た時に、より一層実感することができるだろう。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードザ・リラクス(THE RERACS)2019年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース