NY市警が計画のドローンによる大晦日のタイムズスクエア監視、悪天候で中止に

2019年1月6日 11:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米ニューヨーク市警察(NYPD)では数万人が集まる大晦日のタイムズスクエアにドローンを配備する計画だと報じられていたが、悪天候で中止になったそうだ(NYPD警察長のツイートSlashGearの記事)。

NYPDでは12月4日に無人航空機システム(UAS)プログラムを発表。DJI製のドローン14機を導入し、捜索・救助や人質事件、危険物流出事故などの場面で活用する計画を明らかにしていた。ドローンの活用場面としては大規模なイベントでの交通や歩行者の監視も含まれており、大晦日のタイムズスクエアは大規模イベントへの初投入となるはずだった。

NYPDのドローン導入はプライバシーへの脅威になるとの批判も出ていたが、批判とは無関係に雨と風でドローンを飛ばすことができなかったようだ。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | テクノロジー | YRO | アメリカ合衆国 | プライバシ

 関連ストーリー:
英警察、ロンドン・ガトウィック空港へのドローン無許可侵入容疑で2名を逮捕 2018年12月23日
NYPD、爆発したボディーカメラと同じモデルの使用をすべて中止 2018年10月26日
IBMとニューヨーク市警察、人種を識別できる顔認識システム開発 2018年09月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドローンニューヨーク

広告