今度は黒ジャケ?『ルパン三世』新作放映!上着の色の変遷を辿る

2019年1月4日 08:09

小

中

大

印刷

 日本テレビ系列の「金曜ロードSHOW!」では、2019年1月25日に新作『ルパン三世 グッドバイ・パートナー』を放送。18日には2016年のTVスペシャル『ルパン三世 イタリアン・ゲーム』も再放送される。

【こちらも】アニメ「ルパン三世 PART5」に登場のハッカー、現実的に描かれる

 また今回ルパンが着るジャケットは「黒」色だが、時代や作品で変わるルパンのジャケットも紹介したい。

■TVスペシャル第26弾『ルパン三世 グッドバイ・パートナー』

 日本テレビの映画枠「金曜ロードSHOW!」にて、1月18日から2週連続で「ルパン三世テレビスペシャル」が放送される。

 第1夜・1月18日は、2016年のTVスペシャルシリーズ第25作『ルパン三世 イタリアン・ゲーム』が再放送。第2夜・1月25日はTVスペシャル第26弾となる新作『ルパン三世 グッドバイ・パートナー』だ。

 今回の作品は約6年ぶりの完全オリジナルストーリーの最新作(※第25作「イタリアン・ゲーム」はTV第4シリーズを素材として使用した作品)。本作では長年ルパンの相棒として活躍している次元大介が、ルパン史上最強の敵として立ち塞がる。

 声の出演はルパン三世・栗田貫一、石川五ェ門・浪川大輔、峰不二子・沢城みゆき、銭形警部・山寺宏一、そして今回敵となる次元大介は48年間変らず(※1987年の劇場版は除く)小林清志が担当。またゲスト声優には『ユーリ!!! on ICE』でヴィクトル・ニキフォロフなどを演じた諏訪部順一がロイ役を、『やがて君になる』の七海燈子などを演じた寿美菜子がアリサ役となっている。

■今作では「黒いジャケット」、その前は……?

 ファンでなくとも気付く人が多いと思われるが、ルパンが着るジャケットは時代と作品によって「色」が大きく違う。

 原作者であるモンキーパンチが描くルパンは「赤いジャケット」だが、これは当時の主流であった“赤と黒”の二色刷り印刷によるところが多かった。

 1971年にTVアニメ化(第1シリーズ)されたが、当時の映像技術では赤色が鮮明でなかったため「緑のジャケット」となった。1977年(第2シリーズ)ではお馴染みの「赤いジャケット」となるも、映画『カリオストロの城』やTVで宮崎駿監督が関わる作品では「緑のジャケット」となるようだ。

 1984年(第3シリーズ)では「ピンクのジャケット」、30年ぶりのTVアニメとなった2015年(第4シリーズ)ではイタリアを舞台にしているところから“イタリアンブルー”の「青いジャケット」を着用。ところが2018年(第5シリーズ)では「青系統のジャケット」を設定しながら、脚本に合わせ過去の「赤」や「ピンク」のジャケットを羽織っている。

 そして平成最後となる2019年のルパンは「黒いジャケット」で登場。どんな冒険や活躍がテレビで見られるのか、今から楽しみにしたい。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワード山寺宏一ルパン三世銭形警部日本テレビやがて君になる