ウェザーニュース、車載カメラ撮影映像からリアルタイムで路面状態検知へ

2018年12月27日 22:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ウェザーニューズが車載カメラで撮影した映像から路面の状態を検知するシステムを開発した(ITmedia)。2019年夏をめどに実用化するという。

 このシステムでは、映像から積雪や路面の損傷などを検出できるというもの。撮影データをクラウドにアップロードし、その映像を人工知能技術を使ってリアルタイムで分析するという。

 今年10月には岩手県盛岡市で実証実験を行い、道路のひび割れの検知に成功したという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 人工知能 | 交通

 関連ストーリー:
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州、カンガルーへの対応を主眼とする自律走行車のテストを来年実施 2018年12月24日
冬用タイヤを自動識別する「スタッドレスタイヤ自動判別システム」、近く実用化へ 2018年12月10日
大型車両のタイヤ脱輪事故が増加中、8割が左後輪 2018年11月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)ウェザーニューズ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース