国税庁からデータ入力を委託された業者、契約に反して再委託

2018年12月20日 22:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 国税庁からデータ入力を委託されていた業者が、別の業者に無断でこの業務を再委託していたことが明らかになった。契約では再委託が禁止されており、契約違反としてすでに契約は解除されているという(毎日新聞時事通信)。

 11月に行なった定期監査で発覚した。再委託された業務は源泉徴収票などのデータ入力で、少なくとも約55万人分のマイナンバーを含む情報の取り扱いも含まれているという。再委託先からの漏洩は確認されていないという。

 入力業務の再委託に関しては、今年3月にも日本年金機構から業務委託を受けていた業者が無断で再委託を行い問題となっていた

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 情報漏洩

 関連ストーリー:
日本年金機構、無断でデータ入力業務の再委託を行なった業者に対し損害賠償を求める 2018年05月07日
中国業者に入力業務を再委託していた業者、OCRでのデータ電子化が問題に 2018年03月27日
日本年金機構から入力業務を委託されていた業者、契約で禁止されていたにも関わらず中国の業者に再委託 2018年03月22日
電子政府関連システム調達における安値落札の問題点 2001年10月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマイナンバー日本年金機構年金

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース