イスラエル企業、完全電動旅客航空機のプロトタイプ公開

2018年12月15日 10:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 イスラエルのEviation Aircraftが、バッテリーで駆動する完全電動旅客航空機のプロトタイプ「Alice」を公開した(Robb ReportThe Business TimesSlashdot)。

 Aliceは現在使用されているターボプロップ式のライトジェットを置き換える性能を持つとされる。3年以内の実用化を目指している模様で、航空規制局からの認定取得プロセスもすでに開始しており、2021年に認証が取得できるとしている。

 Aliceはパイロット2人、乗客9人乗りで翼端に2つ、後部に1つプロペラを備えている。主電力は900kWhのリチウムイオンバッテリーパックで、それぞれのプロペラは260kWの電動モーターで駆動する。同社は現在、2機を建造中で来年初めに試験飛行を行う予定。プロトタイプは実機の3分の1の大きさだが、フルサイズの実機は2019年開催予定のパリのエア・ショー(6月17日から23日まで)で公開するとしている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
電動航空機に関する活動を進めるJAXA 2018年11月08日
電気旅客機の実現は時間の問題 2017年10月05日
イーロン・マスクの次の目標は超音速電気飛行機 2016年02月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイスラエル

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース