ココイチ、欧州初出店 イギリスに1号店オープン 海外では12カ国目

2018年12月14日 11:17

小

中

大

印刷

「カレーハウス CoCo 壱番屋 レスタースクエア店」(写真:壱番屋の発表資料より)

「カレーハウス CoCo 壱番屋 レスタースクエア店」(写真:壱番屋の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「約40種類のカレーメニューなど」(写真:壱番屋の発表資料より)
  • 「店の内外装」(写真:壱番屋の発表資料より)

 「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋は12日、ヨーロッパ初出店となる店舗を、イギリスでオープンした。海外では、1994年にアメリカに出店して以来、12カ国・167店舗目となる。

【こちらも】CoCo壱番屋、初のハラール対応店舗を東京・秋葉原にオープン

■店舗概要

 店舗の名称は、「カレーハウスCoCo壱番屋 LeicesterSqware店(レスタースクエア店)」。周辺には観光地も多いロンドンの繁華街に位置し、敷地面積は90平方メートル、店内には33席を配置した。

■店舗の特長

 約40種類のカレーメニューの他、サラダ、各種飲食などを揃え、日本と同様、トッピングやご飯の量、カレーの辛さが選べる。

 店舗の外観や内装は、流行に敏感な女性やカップルに利用してもらえるように、デザイン性を高め、洗練された空間を演出。客層は、ロンドン市民をはじめ、現地で働く日本人や中国人のアジア人、30代前後のアッパーミドル層のカップルやファミリーなどをターゲットとしている。

 店舗は100%子会社の「ICHIBANYA UKLIMITED(英国法人)」が直営店として運営する。今後5年間で、イギリス国内に約10店舗の展開を目指すという。

■壱番屋とは

 壱番屋は、愛知県一宮市に本社を置き、「ニコニコ・キビキビ・ハキハキ」とともに、美味しいカレーと感動の提供を目指している。1978年1月の創業以来、国内では1,265店舗を展開している。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードカレーハウスCoCo壱番屋

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース