行列店の店主がいう「得する客」と、ビジネスでの態度の共通点

2018年12月13日 17:48

小

中

大

印刷

 「行列日本一」と言われ、予約を取らないことで有名な焼肉店の話を読みました。
 予約を取らない理由は、以前に店主ご自身が行ったことがあるお店がそのスタイルをとっていて、「予約しても時間通りに来ないし、だいたい1、2人が遅れてきて時間通りに揃わないから、予約のために前から席を遊ばせておくのがもったいない」ということだったそうで、自分もいつか人気店になることができたらそうしようと思っていたそうです。
 芸能人や政治家であっても行列に並んでもらうそうで、それでも通ってくる著名人がたくさんいるそうです。

 店主がおっしゃるには、「最近の芸能人は昔と比べて気取っておらず、逆に一般のお客さんより総じて腰が低くて、気取らないのはいいことだと思う」「昔からそうだが、偉そうな客はダメ。飲食店で知ったかぶりしてもいいことはない」とのことです。
 「芸能人は昔から変わらず食通が多くて食べ上手」だそうで、「食べるのが下手な人には、どうせわからないと思っていい物は出さない」「食通はいろんな意味で得をしている」と言っていました。
 私自身も食べることが好きでいろいろな店にお邪魔しますが、お店の言いなりにしていた方が、おいしいものが食べられるのは間違いありません。
 ごくたまに、調理のしかたや素材のことで、ああだこうだと注文を付けているお客を見かけることがありますが、この店主が言う通り、そういう振る舞いは損をしていると思います。

 ここで目に留まったのは「気取らない」「腰が低い」「偉そうでない」「知ったかぶりをしない」ということです。ここでの「気取らない」はたぶん「上から目線でない」「お高くとまっていない」という感じですし、「知ったかぶり」は偉そうな態度の一種だと思うので、どちらも「腰が低い」「偉そうでない」に重なるニュアンスでしょう。

 私は飲食店に限らず、「威張る」「高飛車」「偉そう」といった態度は、ビジネスの世界でも必ずその人が損をすると思っています。相手からそう思われてしまうと、前述の店主が「どうせわからないから、いい物は出さない」というのと同じように、本当に最高のものは提供してもらえなくなるからです。それが「金額」なのか、それとも「品質」や「納期」、その他の「サービス」なのか、何が該当するかはその時によって違うでしょう。

 私の知人で、自称「交渉上手」という人がいます。ビジネスの中で、何でも相見積、値引き要求、その他一方的な要件で交渉を仕掛け、その態度も威圧的なことが多々あります。
 そうやってバトルした結果、本人は「値引きさせた」「安くなった」と言って、うまくいっている感覚のようですが、一方で、その知人と継続的な取引や付き合いをしている相手はほとんどいません。交渉といってもWin-Winの関係にならない一方的なものが多いので、周りの人たちはすぐに離れて行ってしまいます。たぶん本当に良いものや最高の条件を手にすることは、できていないのではないでしょうか。

 先の店主の話に戻って、「最近の芸能人は昔と比べて気取っていない」というフレーズがありましたが、これも「そういう人柄だから売れる」と言えるのでしょうし、特に最近はそういう部分が重視されるようになってきたのかもしれません。

 やっぱり、威張って偉そうにしていても良いことはありません。また、そういうことほど、本人は気づいていないものです。今一度、自分自身の態度も振り返ってみなければなりません。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る