金属の上にペタリと置いても性能が低下しないアンテナ 京セラが開発

2018年12月12日 14:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 周辺の導電体が存在してもその影響を受けないというアンテナ「Amcenna」を京セラが開発したそうだ(INTERNET Watch)。

 Amcennaでは基板上に特定のパターンを設けることで電磁波を遮断する壁(人工磁気壁、AMC)を作り、それによって周辺の導電体の影響をブロックするという。また、独自技術によってAMCを従来比で60分の1のサイズに小型することにも成功、薄型化も実現したという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 携帯通信

 関連ストーリー:
既存のものよりも100倍小さいアンテナを実現できる技術が開発される 2017年08月29日
アンテナ含めて0.4×0.4×0.1(mm)のICタグ 2003年09月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード京セラ

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース