駅伝競技者への不適切な鉄剤注射、中学校でも行われていた可能性

2018年12月12日 09:25

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 高校駅伝の一部強豪校で、選手に対し不適切な貧血治療用の鉄剤注射が行われていたことが報じられている(ヨミドクター産経新聞)。

 鉄剤注射は、陸上の女子長距離選手を中心に2000年頃から全国に広まったそうで、持久力が向上するとも言われているようだ。鉄剤はドーピングの禁止薬物にはなっていないが、鉄分過剰によって肝臓や心臓、甲状腺などに機能障害などが引き起こされる可能性もあるほか(読売新聞)、体本来の能力を低下させる可能性もあるという。

 さらに、中学から鉄剤注射を打ち始めたとの証言もあるそうで(読売新聞の別記事)、日本陸上競技連盟は各競技団体と協議して対策を進めていくという。

 スラドのコメントを読む | スポーツ

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード鉄分肝臓

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース