自衛隊、「統合作戦室」(仮称)を設置へ

2018年12月12日 09:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 防衛省が陸上・海上・航空自衛隊を一元的に指揮する「統合作戦室」(仮称)を設置する方針とのこと(産経新聞共同通信ロイター日経新聞)。

 現状では統合幕僚長が陸海空の自衛隊の運用を統括しているが、今後は統合作戦室によって運用を行う方針のようだ。

 スラドのコメントを読む | 軍事

 関連ストーリー:
海上自衛隊のリチウムイオン電池搭載潜水艦が進水 2018年10月05日
海自、潜水艦乗組員における女性制限を撤廃 2018年09月03日
公開された陸自の日報が読み物として面白いと話題に 2018年04月17日
政府、「イージスアショア(陸上型イージス)」2基の導入を決定 2017年12月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省自衛隊

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース