ZOZOがファーストリテイリングに喧嘩(!?)を仕掛けた理由 (上)

2018年12月11日 15:39

小

中

大

印刷

 ZOZOがファーストリテイリング(以下、ファストリ)に、「挑戦状」を突き付けた。今春から立ち上げたPB商品戦略の一環として、ファストリの中軸事業であるユニクロの出世作とされるヒートテック(2003年の発売開始からこの間、世界での累計販売枚数は10億枚を超える)の向こうを張る下着を発売開始すると発表した。

【こちらも】ZOZOの前澤社長、Twitterでエンジニアを大量募集

 ユニクロのヒートテックはファストリの柳井正CEOが東レに直接乗り込み、「専用繊維」の開発を依頼し登場させた大ヒット商品。いまは故人となったが「東レ中興の祖」と称された前田勝之助氏(元会長・社長)から「柳井なる男の口ぶりは相談という類いのものではなかった。アパレル小売業が求める素材を創るのが繊維業の仕事だろう、という迫り方だった。こいつは凄い経営者になるぞと思った」と聞かされたことがある。

 ZOZOの下着はその名も「ゾゾヒート」。身体から発散される水分を吸収し発熱、かつ保温性の高い繊維「メリノウール」を使用した商品だという。7日の商品発表は、動画をインターネットで配信する形で行われた。開発担当者が「ヒートテック」を名指しし、機能を比較して「是非、着比べて欲しい」と訴えた。

 発表内容を耳にして1点、気になることがあった。PB商品発売に当たりZOZOの前澤友作社長は、採寸専用の全身タイツ「ゾゾスーツ」を前面に押し出した。が、そのコスト等が嵩み中間期に営業減益となったのを受け、今3月期の通期予想を下方修正した。そしてその後、「ゾゾスーツで得たデータを基に、これからは4つの質問に答えてもらうだけで世界に1着のPB商品が提供できるようになった」と変更(後退?)したはずだった。しかし「ゾゾヒート」では「ゾゾスーツによる採寸」が再度、登場している。

 まあ、その当たりはさておくとして何故ZOZOはファストリに喧嘩をうったのか。柳井氏にもZOZO(前澤氏)を「目の上の瘤」としているふしがある。「(ZOZOは)ものを作っていない。我々(アパレル小売業とは)は立ち位置が違う」と語っている点などに象徴的。日本経済新聞のインタビューに、「(ゾゾスーツ)は“おもちゃだ”」とこきおろしてもいる。(記事:千葉明・記事一覧を見る

続きは: ZOZOがファーストリテイリングに喧嘩(!?)を仕掛けた理由 (下)

関連キーワードユニクロ東レファーストリテイリング前澤友作ZOZO

広告

広告