伊ニットメーカー「リネアピュー」がミュージアム級のレースコレクションエリアをオープン

2018年12月10日 13:00

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 イタリアらしい色使いと革新的で創造性の高いファンシーヤーンを得意とするニットメーカー「リネアピュー(LINEA PIU’)」。同社が提供するニットは多くのデザイナーに愛され、顧客には「シャネル」、「アライア」、「ジョルジョ・アルマーニ」、「ラルフ・ローレン」、「ルイ・ヴィト」ン等々、世界中のトップメゾンが名を連ねている。
 これらの一流メゾンの過去のコレクションの一部や、1975年に同社が創業以来、これまで発表してきた糸やステッチは、元倉庫だった部分を改装して2016年にオープンしたアーカイブに収められている。その糸の種類は3561種、ステッチパターンは9136種。これらが年代とシーズンごとに整理されて展示されている。さらに同社と特にゆかりのある「シャネル」と「アライア」のために設けられた特別展示や、2005年のニッティングヤーン・ウィービングヤーン・ニット地見本市「ピッティ フィラーティ」の際に展示したモネの絵に登場する衣装をモチーフにしたピースなどの常設展示コーナーや、シーズンごとに入れ替えられる一流メゾンから提供されたアーカイブピースやリネアピューのオリジナルピース、アクセサリーやインテリアにいたる様々な品のディスプレイも。総計5万点を超える品を所蔵している。
 去る11月29日、このアーカイブスペースに「Sala dei Rari」という150㎡の新しいスペースがオープンした。これは日本語だと“レアものの部屋”というようなニュアンスだが、ここには主に同社社長のアレッサンドロ・バスタリがコレクションした、希少なレースのコレクションや服飾に関する本や資料が展示されている。その数は1800年代から1970年代にいたるまでの服飾文化に関する書物460冊、1500年代のヴェネチアやジェノヴァのレースから、ロシア、フランス、イギリスなど外国の貴重なレースにいたるアンティークレース1570種、さらに編み物にまつわるかぎ針や編み棒などの昔の道具や、古い生地見本帳等も所蔵されている。





 「美しいものを手あたり次第コレクションしているうちに、これをきちんと分類・整理し、研究材料にすべきだと思ったのです。新しいクリエーションへのヒントとしてアンティーク品に価値を見出すべきだと思いました。次のアイデアを生む美に対してのセンスは、衣装やアートといった偉大なる美の歴史のリサーチから生まれてくると思うのです」とバスタリは語る。
 メゾンたちがコレクションを発表する2年前に新作をプレゼンテーションするというサイクルで進むため、トレンドの先の先を行くような多方面への綿密なリサーチが常に行われているリネアピュー社。美意識を根本から養うという点で、同社がこのような博物館級のアーカイブを所有するのには大きな意味がある。












(画像:Massimo Listri)
■展示情報

場所:Lineapiù Italia

住所:Via Brunelleschi 6/F, Capalle, Campi Bisenzio (FI)

料金:無料(要事前予約)
「リネアピュー」公式サイト
 
(取材・文:田中美貴)
 

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワードイタリア

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース