HUAWEIとZTE、日本政府の調達から排除へ

2018年12月8日 14:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国政府は中国・中興通訊(ZTE)や華為技術(HUAWEI)といった中国通信機器メーカーの製品の排除に向けて動いているが、この影響で日本でもこれらメーカーの製品は政府調達から排除される方針になるようだ(読売新聞)。

 対象は「国の安全保障の脅威になると判断した企業の製品やサービス」で社名は名指しされていないが、関係者によるとZTEおよびHUAWEIが対象に含まれているという。また、国内企業の製品でも2社の部品を使っていれば排除の対象になるようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政府 | 中国

 関連ストーリー:
2018年第3四半期のスマートフォン販売台数は548万台増の3億3,907万台、中国ブランドが支える 2018年12月06日
米トランプ政権、同盟国に対しファーウェイ製品の不使用を求める 2018年11月26日
中国、シリコンバレーでの影響力を強める 2018年10月12日
ロシアもファーウェイ・ZTEの輸入禁止を検討 2018年09月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国安全保障ZTEファーウェイ(Huawei)

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース