Windows 7から10へアップグレードよりLinuxに移行が満足度が高いケースも

2018年12月6日 22:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Windows 10の使い勝手の悪さから、家庭で使用しているPCをWindows風のUIを持つLinuxデスクトップに移行したところ満足度が上がったという話がIIJ Engineers Blogで紹介されている。

 この家庭で導入されたのはopenSUSEで、これとWindows XP風のテーマを標準で提供している TDE(Trinity Desktop Environment)を組み合わせることでWindows XP風のユーザーインターフェイスを実現したとのこと。

 このPCを使用するのは著者の妻とのことだが、特に不満無く利用できているという。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux

 関連ストーリー:
ドイツ・ニーダーザクセン州、税務所で使う1万3千台近いLinux PCをWindowsへ移行する計画 2018年07月29日
スペインのバルセロナ市、Microsoft製品からオープンソース製品への移行を検討中 2018年01月16日
ドイツ・ミュンヘン市議会、Windows 10への全面移行を決定 2017年11月26日
ドイツ・ミュンヘン市のIT責任者曰く、LinuxからWindowsへの移行は政治的な理由 2017年03月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsWindows 10Windows 7Windows XPLinux

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告