トヨタ、「C-HR」にブラック系とブラウン系の特別仕様車を設定

2018年12月4日 11:59

小

中

大

印刷

特別仕様車 G “Mode-Bruno”<オプション装着車>。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

特別仕様車 G “Mode-Bruno”<オプション装着車>。(画像:トヨタ自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 特別仕様車 G “Mode-Nero”<オプション装着車>。(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • 特別仕様車 G-T “Mode-Nero”シート。(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • 特別仕様車 G-T “Mode-Nero”インストルメントパネル<オプション装着車>。(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • 特別仕様車 G “Mode-Bruno”シート。(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • 特別仕様車 G “Mode-Bruno”インストルメントパネル<オプション装着車>。(画像:トヨタ自動車発表資料より)

 トヨタは、コンパクトSUV「C-HR(シーエイチアール)」に、「G」と「G-T」をベースとしたそれぞれブラック系とブラウン系の特別仕様車、合計4種類を設定し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店で12月3日に発売した。

【こちらも】トヨタ、新型「RAV4」2019年春に国内発売 特設サイトも公開

 C-HRはトヨタの次世代世界戦略SUVに位置付けられる、2016年12月に発売された新しいコンパクトSUVである。もともとレーシングカーとして開発された「C-HR Racing」の市販版であることから、運動性能に重きを置かれて開発されている。また、トヨタのSUVとしては初めて、すべての系列ディーラーで取り扱われた車種でもある。

 Mode-Neroは、内装をブラック基調とし(画像参照)、クールな印象を高めた仕様となっている。シート表皮にはクールグレーをアクセントカラーとして採用、インストルメントパネルアッパーやコンソールボックスなどをブラックでまとめている。外装はブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールを特別装備する。

 Mode-Brunoはブラウン基調の内装で、上質さを演出する。シート表紙、インストルメントパネルアッパー、コンソールボックスはダークサドルタンというブラウン系の配色。外装は、フロントアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施している。

 そのほか、バックカメラとリヤクロストラフィックアラートを特別装備し、後退時の安全運転をサポート。外装色は全11色が設定されている。

価格は、G-T “Mode-Nero”の2WDが消費税込(以下同)265万5,200円、4WDが284万9,600円。G “Mode-Nero”は2WDのみで、297万9,200円。特別仕様車 G-T “Mode-Bruno”は2WDが265万5,200円、4WDが284万9,400円。特別仕様車 G“Mode-Bruno”も2WDのみで、297万9,200円である。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ特別仕様車SUVC-HR

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース