スマホの縦置き横置きに対応、スタンド型ワイヤレス充電器発売 ベルキン

2018年11月27日 11:21

小

中

大

印刷

使用のイメージ。(画像: ベルキンの発表資料より)

使用のイメージ。(画像: ベルキンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「BOOST↑UPワイヤレス充電スタンド」
  • 使用イメージ。
  • 使用イメージ。

 ベルキンは、29日よりスマホの縦置き・横置き両方に対応するスタンド型ワイヤレス充電器「BOOST↑UPワイヤレス充電スタンド」を発売する。最大10Wの高速充電が可能で、新型iPhoneは7.5W、Samsung Galaxyは9W、Sony、LGなどは10Wとデバイスごとに最適な速度で充電がおこなえる。想定価格は7,980円(税別)だ。

 本製品は表面が滑りにくいポリカーボネートベース素材のため、スタンド型でも安定した状態でスマホ充電ができる。スマホを縦横どちらの向きにも置けるので充電しながら動画を見たりゲームをしたりできるメリットがある。異物検知機能(FOD)が搭載されているため、デバイスと充電器の間に異物が挟まっていた場合はLEDライトが赤く光る仕様だ。さらにプラスチックケースも最大3mmまでであれば、取り外す必要はなくそのまま本製品に立てかけて充電もできる。

 製本の保証は2年で、1年延長も可能。また、この製品はベルキンの条件付き接続機器保証(CEW)によって、デバイスが正しく接続されているにもかかわらず、充電によって損害が出た場合は最大28万円まで修理または交換が保証されている。

 カラーはブラックとホワイトの2色展開。充電器本体のほか、1.5mのACアダプターが付属する。全国の家電量販店やオンラインストアで発売予定だ。スタンド型のワイヤレス充電器がほしい人は検討してみてはいかがだろうか。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース