【銘柄フラッシュ】アルメディオが急伸し大阪万博を材料に櫻島埠頭やシード平和など高い

2018年11月26日 17:01

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 11月26日は、アゴーラ・ホスピタリティー・グループ<9704>(東1)が29.6%高となって東証1部の値上がり率1位に入り、ホテルを経営するため、2025年万博の大阪開催決定を受けて連想が波及し、株価2ケタのため「率」の妙味も再燃とされて急伸。

 gumi<3903>(東1)はストップ高の16.2%高となり値上がり率2位。「乃木坂46」のメンバーが出演するプロジェクトのひとつとしてスマートフォン向けゲーム「乙女神楽」の制作を決定したとされ材料視。

 日総工産<6569>(東1)は下値圏から大きく出直り10.7%高。日証金ベースで売り残が超過する状態の中、26日約定分から新規貸借取引の停止が発動されたため、売り手の買い戻しが大挙発生する期待が増幅。

 アルメディオ<7859>(東2)はストップ高の30.5%高となり、26日付で「アルセラ製焼成設備(昇降式電気炉)日本国内メーカー向け受注決定」と発表しており、これが材料視されたとの見方。櫻島埠頭<9353>(東2)は大阪万博の関連株とされて前場からストップ高を継続し23.0%高。杉村倉庫<9307>(東2)も大阪万博の関連株とされて朝からストップ高気配のまま15.5%高。

 アクトコール<6064>(東マ)はストップ高の18.3%高となり、引き続き光通信<9435>(東1)との資本提携などが材料視されて2日連続ストップ高。VALUENEX(バリューネックス)<4422>(東マ)はストップ高の16.9%高。10月30日に新規上場となり、業績見通し(今期・2019年7月期)が売上高は前期比35.9%増、営業利益は同39.1%増、などと豪勢にもかかわらず直近2日間ほど3000円の大台を割り、値頃感が強まったとの見方。

 ジャストプランニング<4287>(東1)は経済産業省など5省庁の後援で観光地の活性化プロジェクトを実施する組織との提携などが材料視されてストップ高の29.5%高。シード平和<1739>(JQG)は大阪万博の関連株とされて前場からストップ高の15.4%高が続いた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【小倉正男の経済コラム】「キャスター」VS「SNS」、正義は独占できない(2018/11/10)
スリープロはレンジ下限水準から続伸、3Q高利益進捗率業績を見直し決算発表に期待を高め下げ過ぎ訂正(2018/11/06)
トレジャー・ファクトリーは調整一巡感、19年2月期予想に上振れ余地(2018/11/09)
LTSは続落も3Q決算発表を前に年平均利益成長率19.9%を手掛かりに押し目買い好機(2018/10/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース