アパレル向けEC構築「スパイラルEC」が「WorldShopping BIZ」と連携

2018年11月20日 22:13

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 アパレル型ECプラットフォーム「スパイラルEC®」を提供するフレンディット(東京、細野博昭社長)は、越境EC支援ソリューション「WorldShopping BIZ」を提供するジグザグ(東京、仲里一義代表)と連携し、国内向けのECサイトを125カ国に対応する越境ECに変更できるサービスをきょう20日から開始した。
 これまで対応言語や決済方法が限られていることにより、海外ユーザーからの購買機会を逃していた国内EC事業者のニーズに対応する。「WorldShoppingBIZ」は、ジグザグが提供する越境EC支援ソリューションの総称で、ECサイトにアクセスする海外からの注文受付から不正決済対応、125カ国への海外発送までのサポートが基本機能に含まれている。今回の連携により、EC事業者は自社のECサイトにJavaScriptを1行設置するだけで、海外ユーザー用に最適化されたショッピングカートを設置できる。
 商品受注から、Alipayや銀聯、Paypalを通じた決済、海外への配送、カスタマーサポートまで、手間をかけることなく行えるのもメリット。また、海外ユーザーが直接購入できるため、海外からのニーズの把握やマーケティング調査ができるほか、海外転売の抑制といった活用も期待できる。


 同サービスの提供開始に先行し、アマベル社のオンラインショップ「Amavel Online Shop」に適用したところ、これまで自社ECサイトで購入できなかった海外ユーザーが商品を購入できるようになり、順調に売り上げを伸ばしているという。
 フレンディットは、2010年からアパレル型ECプラットフォーム「スパイラルEC®」を提供し、100社以上のアパレルブランドメーカーのパートナーとしてECサイトの成功を支援している。
「WorldShoppingBIZ」公式サイト
「スパイラル EC®」公式サイト

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワードJavaScript越境EC

広告

広告