政府、大手「デジタル・プラットフォーマー」規制を検討か

2018年11月20日 22:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 GoogleやApple、Facebook、Amazon.comといった米大手IT企業は日本でも大規模な商取引を行っているが、政府がこれら企業に対する規制を強めるのではないかという話が出ている(現代ビジネス)。

 総務省は11月5日付けで『「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会」中間論点整理(案)について』との発表を行っているが、これによると大手の「デジタル・プラットフォーマー」が寡占化・独占化することを脅威としているようだ(「デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会 中間論点整理(案)の概要」PDF)。

 スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
「世界で最も革新的な企業2018」ランキング、日本企業は任天堂の18位がトップ 2018年02月23日
米国では大手ITが強すぎて新しい企業が育たなくなった 2018年02月16日
Googleはもう落ち目? 2011年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省FacebookGoogleAppleAmazon

関連記事

広告