ネ・ネット、2019年春夏コレクション発表 居心地の良いショップから眺める景色

2018年11月14日 21:40

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ネ・ネット(Né-net)の2019年春夏コレクションが発表された。

■架空のショップをイメージ

 今シーズンは、丘の上にある"架空のショップ"をイメージし、そこから見える景色や、店内にあるものをコレクションに落とし込んだ。ショップの居心地の良さは、コレクション全体に漂うリラクシングなムードに反映している。

 たとえばプルオーバーシャツの背中には、ショップの窓から望める広い空と海、灯台、生い茂る緑を描いている。夜になると、空には星が輝き、灯台は海を照らす。そんな様子はパーカーのバックスタイルで表現された。

 トップスのロゴは、丘の上にショップがあること、店内にカフェやギャラリー、アトリエがあることを教えてくれる。ショップの住所や電話番号は、スウェットの前見頃に記した。

■ワンタンシリーズの新作

 2018年春夏コレクションで初登場したwantan<ワンタン>シリーズは、素材とアイテムをアップデート。1枚の長方形の布を折りたたんだ、まるでワンタンのようなデザインが特徴のウェアに、和紙のような表情に仕上げた綿素材を初めて採用した。アイテムはブラウスとワンピースに加えて、サルエルパンツ、サーキュラースカートがラインナップする。

■デニムプリーツのスカート

 デニムのプリーツスカートもこだわりのアイテム。凸部分に当たりをつけ、すそを切りっぱなしにすることで、ヴィンテージデニムのような風合いを演出している。洗濯をしてもプリーツの形状が美しく保たれるよう、ポリエステルの入ったテキスタイルを起用した。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2019年春夏コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング