窪田製薬ホールディングス スターガルト病治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」の臨床第3相試験開始

2018年11月13日 18:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:48JST 窪田製薬ホールディングス---スターガルト病治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」の臨床第3相試験開始
窪田製薬ホールディングス<4596>は12日、子会社のアキュセラ・インク(本社:米国)がスターガルト病を適応症として開発する治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」において、2018年11月7日(米国時間)、最初の被験者登録が実施され、臨床第3相試験が開始されたことを発表した。

本臨床試験は多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検比較試験となる。世界で約10カ国、約 30 施設で実施する予定で、合計で約 160 名の被験者登録を見込んでいる。本試験における主要評価項目は、プラセボに対し、被験薬のスターガルト病患者における黄斑部の萎縮の進行を抑制する効果の検証となり、副次的評価項目には、最良矯正視力のスコアや読速度などの視機能の変化が含まれる。

また、「エミクススタト塩酸塩」は、スターガルト病の新規治療薬候補としてFDA(米国食品医薬品局)からオーファンドラッグ認定を受けている。《SF》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング